ネット上で収入 懸賞・お小遣い稼ぎ・オークション・カジノ・株
当サイトではネット上で収入を得る方法を研究
懸賞・バナー広告・オークション・カジノ・株など




HOME オンラインカジノ入門 オンラインカジノ紹介 オンラインカジノ攻略 お得な報酬換金法


オンラインカジノ攻略法

オンラインカジノを攻略しよう

まあ、カジノって物は運ですが、攻略法がないわけではありません。
ここではそんな攻略法の中から有名で基本的なものを取り上げたいと思います。
でも、攻略法を使ったからって必ず儲かるわけではないですよ。前にも書きましたが、賭け事というのはやる前から損をすることがわかっているのです。まあ、それでも運良く当たればがっぽりなわけですが。
結局運ですからね。攻略は参考程度にして楽しみましょう。



マーチンゲール法

これはオッズが2倍で勝ち負けの確率が1/2のゲームに適用できます。例えばルーレットとかね。
負けたら次に2倍をかけていく方法です。つまり最初に1ドル賭けたとして、負けたら次は2ドル賭ける分けです。また負けたら今度は4ドル。また負けたら8ドルです。こうして勝つまでやります。するとあら不思議、あれだけ負けたのに最後に一回勝っただけで、トータルでは勝っているではありませんか。まあ言葉で言ってもなかなか分かりにくいので下に具体的な図を示してみました。

マーチンゲール法 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 7回目 8回目 9回目
賭ける額 1ドル 2ドル 4ドル 8ドル 16ドル 32ドル 1ドル 2ドル 4ドル
勝敗 × × × × × × ×
受け取る額           64ドル     8ドル
総合収支 -1ドル -3ドル -7ドル -15ドル -31ドル 1ドル 0ドル -2ドル 2ドル

いいですか?まず最初に1ドル賭けたとしましょう。惜しくも負けました。1ドルの損。次は2倍なので2ドル賭けます。また負けた。2ドル損して、合計3ドルの損。次はまた2倍で4ドルを賭けます。こうして負け続けて5回目終了時には31ドルも損をしてしまいました。そこで6回目に、5回目に賭けた16ドルのさらに2倍の32ドルを賭けます。ここで32ドル支払ったため、今までの損とあわせて63ドルのお金が手元からなくなりました。
しかし、6回目にして勝つことができました。賭けた32ドルの2倍の64ドルが受け取れます。ちょっと待ってください、今まで支払ったお金が63ドルで今もらったお金が64ドル。ということは、あれだけ負けたにもかかわらず、最後に1勝しただけでトータルで1ドル儲かっているではないですか。これがマーチンゲール法です。
ちなみに勝ったら、また最初に賭けた金額から始めます。図でも7回目は1ドルを賭けていますね。
今回は9回目で勝ってまた1ドル儲かり、合計で2ドルの儲けになりました。
勝つごとに最初に賭けた金額分儲かるわけですね。
なんだこれなら絶対損しないじゃん!!っというわけにはいかないんですね。カジノによって違いますが賭ける金額の上限がありそれ以上の額は賭けられません。上の例で、このカジノは250ドルまでしか賭けられないとします。すると、負け続けた場合9回目で256ドルを賭けなければならず、カジノの規定で賭けられなくなってしまいます。つまり、その条件下では8回までには勝たないといけません。8回も連続で負けることがあるのでしょうか?8回連続で負ける確率は1/256です。つまり0.391パーセントです。極めて低い確率ですね。
とはいえありえなくもないですからね。まあ、そんなにうまい話は無いわけです。



モンテカルロ法

オッズは2倍でもできるそうですが、3倍以上が基本のようです。
とりあえず数を一つ決めます。そして、その数の2倍、3倍の数と共に3つの数の数列にします。
例えば最初に決めた数が1だとすると数列は{1,2,3}となります。こうしてできた数列の左端と右端の数を足します。この場合は4になりますよね。そうしたらこの数字が最初に賭ける額です。
負けたら、この数列の右端にはじめに決めた数の4倍の数をくっつけて4つの数の数列にします。
この場合{1,2,3,4}となりますね。そうしたら同じように左端と右端を足した数を賭けます。この場合は5を賭けるわけですね。ちなみに勝ったら数列の左右それぞれから2つずつ数を消します。そして、同じように左右を足して出た数をかけます。これもわかりにくいので上の例の条件で表を示しておきます。

モンテカルロ法 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 7回目 おしまい
数列 {1,2,3} {1,2,3,4} {1,2,3,4,5} {1,2,3,4,5,6} {1,2,3,4,5,6,7} {3,4,5,} {3,4,5,6} {   }
賭ける額 4ドル 5ドル 6ドル 7ドル 8ドル 8ドル 9ドル
勝敗 × × × × ×
受け取る額         24ドル 27ドル
総合収支 -4ドル -9ドル -15ドル -22ドル -6ドル -14ドル 4ドル

1回目は1+3で4ドルが賭ける額です。一回目は負けたので、数列の右に最初に決めた数の1の4倍の4を付けます。それで、2回目は1+4で5ドルを賭けます。こうして賭けていって5回目に勝ちました。そこで、数列の両端から2つずつ数字を取ります。すると{3,4,5}になりましたので3+5で8ドルが6回目の賭け額になります。
こうしていって7回目も勝ったので、両端から2つずつ数字を取ったところ無くなってしまいました。数字がなくなったり1つになったら終わりです。ここで利益はプラスになっているはずです。後はもう一度はじめから。
ちなみに、これはマーチンゲールの様に1回勝っただけではプラスになりませんので。
上の表の5回目は勝っているのに総合収支はマイナスになっていますよね。
モンテカルロ法は、あくまでも数字が無くなるか1つになったときにプラスとなります。
よってある程度は当たらないと、数列の数字が増えていって終われなくなります。
当然、収支もマイナスとなってしまいます。まあ、うまい話は無いのです。



HOME オンラインカジノ入門 オンラインカジノ紹介 オンラインカジノ攻略 お得な報酬換金法





SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO